葬儀・社葬・お別れ会の生花祭壇ならフレシード信州。長野県松本市から全国に対応します

株式会社フレシード信州

社長ブログblog

照ノ富士関

 

 

 

 

 

 

 

 

「あらためて横綱っていうのはどういう地位なのか、どういう生き方をすべきかということを考えて、親方とおかみさんと相談したい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第73代横綱に昇進した照ノ富士関は、伝達式前 口上についてこう語った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう地位なのか?生き方??

 

 

 

 

 

 

ここまでの道のりはまさに波乱万丈だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年 最初の大関昇進前 絶頂期だった照ノ富士関は 豪快な 夜遊び ぶりで有名だったとか

 

 

 

 

 

 

 

 

夜7時から友達と飲みに行って朝4時半まで飲むを連日繰り返していたそうだ

 

 

 

 

 

また大関昇進後はタニマチも増え毎日のように夜の宴席に繰り出していたという

 

 

 

 

その後

 

不摂生がたたって成績は伸び悩み両ひざの怪我に加え糖尿病を患うなどで

 

休場が続き2019年には番付を大関から序二段にまで落ちた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時の心境をこう明かしている

「ヤめようと思ったことは何度もありましたよ 大関がここまで落ちたわけだからヤめなくちゃいけないと

親方に5、6回 引退させてください と言いに行きましたと

膝の手術を3回し洋式のトイレにすら座れなかった つねに隣に人がいないとダメで、車椅子生活でした という

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今はどうですかと聞くと

お酒? あれから一滴も飲んでいませんよという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の3倍努力すると決めて稽古してきましたと

 

 

 

 

 

 

 

 

『元大関なんだから戻ってきて当たり前』と、周囲から見られるのは嫌ですしね。

番付が落ちれば本来付け人をヤらなくてはいけないのがこの世界ですが免除もしていただいた

それなのに大関時代に付け人だった関取が『これヤっておきますよ』と申し出てくれた

嬉しかったしこの人たちのためにもう一度頑張ろうと思えるようになりましたと言う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもう一人、苦しい時期を支え続けたのが、2018年に結婚した奥様の存在も大きい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じモンゴル出身で引退するか悩んでいた照ノ富士に「あなたがどの道を選んだって私はついていくよ」と

「ダメだったら私が働くね」と優しく声をかけたという

 

 

 

 

兄弟子の安治川親方(元関脇・安美錦)が

 「稽古のとき奥さんが車を運転して部屋に来るんですがわざわざ車を降りて挨拶するなど礼儀正しくてしっかりした奥さんですよと

照ノ富士の体調がよくなってきたのは食事の管理をはじめ奥さんのサポートがあったからでしょうと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りの方のサポートの一つである医師の存在も大きい

回復するにはまず完治させようと現在大リーグレッドソックスで活躍中の大谷翔平選手を診たこともあるドクターがいる都内の同愛記念病院を訪ね再起をかけたという

実際大谷選手も受けた肘の再建手術を膝に行ったそうだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際携わった先生は手術中照ノ富士関のものすごい執念を感じたそうだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな執念も実り手術は無事成功したのだがすぐに歩ける姿に戻れるはずもなく車いすから始まった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人は一日も早く土俵に上がりたいと願うが万が一完治せず中途半端な状態で戦い膝をひねりでもしたらまた断裂してしまいそれこそ力士生命が終わってしまうと考え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく治すことを最優先に食事制限 生活管理などもすべて見直したという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにより医師が徹底して言い続けた事は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前に出て相撲をとること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負傷する前の力ずくで倒す相撲は禁じたそうだ

 

 

 

 

 

 

 

 

その時 今の正攻法の相撲を一から身に着けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに怪我の功名といえる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度相撲を取る 優勝する そして大関になるというチャレンジ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

序二段まで陥落しながら、横綱という頂点まで登り詰めた照ノ富士関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横綱審議委員会も

「長い相撲の歴史の中でも特筆に値すべきこと

根性とか我慢、不屈の精神、節制という言葉がありますが、それをまさに思い起こさせる」と絶賛した

 

 

 

 

 

 

 

 

 紆余曲折の相撲人生を送って来た照ノ富士関

 

 

 

 

 

 

 

 

太く短くと言う照ノ富士関

 

 

 

 

 

 

 

 

残りの力士生命はそれほど長くないかもしれませんが

今、この力士生命を燃やして燃やして燃え尽きるまで、思い切り相撲を取るんだという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第73代横綱となった伝達式での口上は

 

「謹んでお受け致します 不動心を心がけ、横綱の品格、力量の向上に努めます 本日は誠にありがとうございました」と述べた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動心 の新横綱29歳照ノ富士関と

 

こちらもまた6場所連続休場後の全勝優勝を成し遂げた36歳白鵬関の次の横綱対決がいまから待ち遠しい 

 

だから今日も 

 

松本から全国へ信州から世界へ 

 

花をより身近に夢と希望と笑顔を全ての人へ

社長ブログ 一覧

フレシード信州は松本山雅FCを応援しています