葬儀・社葬・お別れ会の生花祭壇ならフレシード信州。長野県松本市から全国に対応します

株式会社フレシード信州

社長ブログblog

御巣鷹山

 

 

 

 

 

 

 

 

憶えていますか?1985年8月12日の出来事を

 

 

 

 

 

 

 

 

日本航空JAL123便が御巣鷹に墜落してから36年目を迎えます

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年はコロナで誰も慰霊登山ができなかったそうです

 

 

 

 

 

 

 

520人が犠牲となった日航ジャンボ機の墜落事故から36年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時15歳だった私はテレビで犠牲者の名前がテロップで流れていたのを鮮明に憶えております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身内と同じ苗字の名前が流れ まさかと思い電話をし確認したところ身内も犠牲になっていました

 

 

 

 

 

 

 

 

子供心に愕然としたのを憶えています

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年8月12日午前7時前 尾根につながる道路のゲートが開かれると遺族らはマスクを着けたまま

汗を拭いながら登山口から尾根を目指しておりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年配のご遺族に交じり小さなお子さん連れの家族の姿もありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナで来たくても来られない人もいる

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんね昨年来れなくて 

墓標の前で愛する人へ涙を流す

 

 

 

 

 

 

 

僕らや下の世代が登らないと事故が忘れられると思うと話していた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の台風19号で尾根に向かう村道や登山道の複数箇所が崩れる被害が出た

高さ約6.2メートルの防護柵が設けられたが全面復旧に至っておらず8月下旬に再度通行止めにし工事を進めるらしい 

 

 

 

 

 

 

 

戦争での原爆もコロナも墜落事故も忘れてはいけない次の世代に語り継がねばいけないものだ

社長ブログ 一覧

フレシード信州は松本山雅FCを応援しています