葬儀・社葬・お別れ会の生花祭壇ならフレシード信州。長野県松本市から全国に対応します

株式会社フレシード信州

新着情報news

念を入れて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来こうなったらどうしよう、ああなったらどうしよう

過去に違う選択をすればよかった・・・

そんなふうに思いわずらう人は多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

けれど、それはまったく無意味なこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちにできるのはたったひとつ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『念を入れて生きる』ということだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念という文字を分解すると

「今」の「心」になります。

「今」の「心」とは今、目の前にいる人、目の前にある事を大事にする心の事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「目の前にあることを一所懸命ヤりなさい」ということ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、言葉を換えていえば「実践」「行動」という事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お釈迦さまも

「過去を追うな、終わってしまった事に縛られるな まだ来てもいない未来にわずらわされるな

今というこの一瞬、今日というこの一日を大切にして生きよ」と、おっしゃっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念を入れて生きる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸も不幸も自分が感じる事 それ自体は事実としてあるだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生はある意味 苦労のが多く合間に小さな幸せを感じることで生きていける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦労がその人の心の襞となり懐深く 優しさとなるので有れば 苦労こそ意義のあるものかも知れない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

念を入れて、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決して楽してノッペリと長生きするだけでなんて生きたくない!

 

新着情報 一覧

フレシード信州は松本山雅FCを応援しています